ザルツブルクでのスケッチから


 昨秋の旅行での鉛筆スケッチをもとに描いているが、ザルツブルグではほぼ一日自由行動だったので絵にする材料がたくさんある。遠くザルツブルグ城を望むこのアングルはこの地の代表的な風景になっている。川にかかっている正面の橋には欄干に無数の恋人たち(だと思う)の南京錠がかかっている。はずすキーはどうしてるんだろう、それぞれに持ってるのだろうか、うまくいかなくなったらどうするの、などとつい思ってしまう。ロックする時はそんなこと夢にも考えないのだろうけど、まぁ好きにしてくれたまえ。物事は真っすぐ進まないのが常なんだけどなぁ。(25×18cm)
DSC01015w.jpg
同じくザルツブルグ城を望む風景、「さっぱりわや」の失敗作を不透明水彩の絵具も使わないともったいないので修正に修正を重ねているうちにこんなのになった。コンビニのコピー機がA3までの絵をスキャナーできるのに気づいて、最近多用。これは僕にしたら大きい絵。(38×29㎝)
austria019_convert_20170324001933.jpg