冬来たりなば春遠からじ

昨日は雪
 誰が聴いてるわけでもないし、誰に言ってるわけでもないが、「あぁさぶー(寒い)」とつい口にする毎日もそろそろ終了か。雪のある風景を描くのもこの大津市郊外でのスケッチが今シーズンのラストチャンスとなったようだ。湖西線沿いの地域はいつ来ても絵が描きたくなる風景がある。琵琶湖が背景にあることも、湖からの空気と比良からの風が感じられることも大きな要因だろう。地元の人と話してると、バブルの頃別荘地として開発されたところが荒廃してるという。こんなところに家を持ちたいな、てなことも思うが、冬のさぶさ(寒さ)を思うと「ありえない、ムリ」ってところだろう。 大津市木戸でのスケッチ。
kido-jyugejinjya003_convert_20170306011857.jpg

 

コメントの投稿

非公開コメント