チロルの村の教会

オーストリアの教会
東山魁夷が描いた村の教会を探している途中で、地元の人がきっとこの教会だろうと教えてくれた。同行の山口県の鉛筆画家のOさんはその視線の角度や背景などを分析して、どの位置でどのようにして描いたかを推理、さすがに風景デッサンの達人だ。僕はあんまりどっちでもよかったが、魁夷も歩いたはずのところから僭越ながら描いてみた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

POOR ARTIST

Author:POOR ARTIST
POOR ARTIST「下手でも楽しい」というのが信条です。水彩画や音楽も、アマチュアらしく「描いたり演奏したり」楽しむのが理想です。いろんな分野が混じってますが、ホームページの続きとして始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR