舟屋の風景

伊根の舟屋2
 伊根に泊まって朝食前に散歩。スケッチブックに鉛筆で下書き。これから漁に出る準備をする船と舟屋。春とはいえまだ朝は寒く、手は震えそうだったが、やっぱり朝は空気も澄んでいて美しい。ふだん絵を描くのは夜なので勢い夜更かしとなり朝寝坊のパターンとなりがちなのだが、朝行動型に変えないとだめだなと反省しながら描いていた。でも家に帰ってからのこの絵の着色もやっぱり深夜作業に。朝前日から家に泊まっていた孫娘に起こされ、「7時にアラームかけてても起きなかったら意味ないやん」と言われてしまった。至極ごもっともなり。

コメントの投稿

非公開コメント