久しぶりに歩く篠山

篠山河原町の夏
8月篠山市の音楽祭にオーケストラが出演、出番が終わって時間ができたので、楽屋に楽器をおいてしばし散策に出動。月に2回は練習のために篠山にきてるのだが、チェロをかついでは動きがとれず、市内をまわるのは久しぶり。今回は河原町の商家の町並みへ。真夏の日曜日、観光客も少なくひっそりとしていて、裏山のセミの鳴き声や民家から漏れ聞こえるピアノの音もあり、日陰に入ってのスケッチはけっこうはかどった。ずいぶん昔描いた建物もそのまま残っていて、懐かしかった。
いつ頃描いたか忘れてしまった手元のハガキ絵のファイルのデータを見てみたら保存したのは2000年だった。ホームページを始めた頃でデジカメもなかったなぁ。当時のハガキ絵かけつけ3枚。
篠山3

篠山1

篠山2

コメントの投稿

非公開コメント