車窓から見えた村

村の教会
高速道路で移動中事故か何かで渋滞、止まってしまったところでこんな風景の村に遭遇、隣のo画伯と「渋滞よ続いてくれ」とばかり写真やメモをはしゃいでとってた。バスは運転手の機転で村道に迂回して、この村の中を走ってくれたので、思いでの残る村になった。ところで最近ではオーストリアの高速道路にも騒音対策の障壁が増えてきているそうだ。せっかくの景観を壊していると、ガイド氏は怒ってた。人間より家畜に対する騒音対策だと思うけど、当事者の牛さんに聞いてみないとわからない。そのガイド氏はドイツの犬は思慮深いと力説されていたが、なるほど村々でみかける牧場の牛はみんなどこか哲学者風だった。

コメントの投稿

非公開コメント