舟屋の風景

伊根の舟屋2
 伊根に泊まって朝食前に散歩。スケッチブックに鉛筆で下書き。これから漁に出る準備をする船と舟屋。春とはいえまだ朝は寒く、手は震えそうだったが、やっぱり朝は空気も澄んでいて美しい。ふだん絵を描くのは夜なので勢い夜更かしとなり朝寝坊のパターンとなりがちなのだが、朝行動型に変えないとだめだなと反省しながら描いていた。でも家に帰ってからのこの絵の着色もやっぱり深夜作業に。朝前日から家に泊まっていた孫娘に起こされ、「7時にアラームかけてても起きなかったら意味ないやん」と言われてしまった。至極ごもっともなり。

オーストリアの旅から

ザルツブルグ城へ上る
 10月の旅の絵を今も描いている。これが20枚目。
 ホーエンザルツブルグ城は山の上から市街を見下ろしている。ケーブルカーもあるが混雑しているので歩いて登ることに。こちらは人も少なく、景色の移り変わりを楽しみながら城内へ。武器の博物館などをめぐっているうちにどこが出口かわからなくなり、しかたなくみんなが向かうケーブルカーの乗り場に到着。下りだけのチケットなど売り場もなく、係の人に下りだけ乗れないかと交渉、しようにも英語やドイツ語で話せるわけがない。困った顔と乗っけてくれないかな的表情をアピールしたら、「チケットないんかいな」「ない、ごめん」みたいな暗黙のやりとりで「ホナ乗リーナ」と言ってくれた、と思う。人に親切にしてもらうのはうれしいことですね。
 今回の旅はウィーンがスタート。夜着いて朝には出発。朝食前にせめて旧市街へと歩いたがあいにくの雨。初めて訪ねた20年前の記憶を頼りに歩いてみたが暗くてよくわからなかった。迷って集合に遅れたらたいへんと駆け足でホテルになんとかたどり着いたが、雨か冷汗か旅のスタートはびしょ濡れだった。
雨降るウィーンの朝

伊根の舟屋

伊根の舟屋
 恒例の春の旅は伊根の舟屋。大学合唱団の同期の仲間8人の気楽な旅、卒業からでも40年を超える。今回は僕が企画なので地元の路線バス利用で、のんびり丹後半島へ。美しく穏やかな海、静かな漁村、地元のおいしい魚料理、一組限定なので遠慮なく続く思い出話。さいわいみんな健康で過ごしているのでなによりだ。また来年を楽しみに各地に分かれる。
 

ザルツブルクでのスケッチから


 昨秋の旅行での鉛筆スケッチをもとに描いているが、ザルツブルグではほぼ一日自由行動だったので絵にする材料がたくさんある。遠くザルツブルグ城を望むこのアングルはこの地の代表的な風景になっている。川にかかっている正面の橋には欄干に無数の恋人たち(だと思う)の南京錠がかかっている。はずすキーはどうしてるんだろう、それぞれに持ってるのだろうか、うまくいかなくなったらどうするの、などとつい思ってしまう。ロックする時はそんなこと夢にも考えないのだろうけど、まぁ好きにしてくれたまえ。物事は真っすぐ進まないのが常なんだけどなぁ。(25×18cm)
DSC01015w.jpg
同じくザルツブルグ城を望む風景、「さっぱりわや」の失敗作を不透明水彩の絵具も使わないともったいないので修正に修正を重ねているうちにこんなのになった。コンビニのコピー機がA3までの絵をスキャナーできるのに気づいて、最近多用。これは僕にしたら大きい絵。(38×29㎝)
austria019_convert_20170324001933.jpg



LA LA LAND


 ブラスバンドの幼稚園コンサートを終えて、こうした時は気分もアクティブになるので、自転車で映画館へ、「LA LA LAND」 を観ることにした。アカデミー賞作品という評判だけの知識でしかなかったのだけど、僕の乏しい見識でしかないが、昔の『ダンス・イン・ザ・ダーク』のシーンなども思い出しながら、自然に歌いだされる歌やダンス、夢を追い求める女優やピアニストのひたむきさや偶然に左右されてゆく人生を春夏秋冬に割り振った脚本など、素晴らしいミュージカル映画だと思った。ひたすら主人公たちのハッピーエンドを願いながらみていたが、やっぱり来世はミュージカルだなぁ、などと夢みてました。
絵はオーストリアの湖の船着き場(37×26cm)
プロフィール

POOR ARTIST

Author:POOR ARTIST
POOR ARTIST「下手でも楽しい」というのが信条です。水彩画や音楽も、アマチュアらしく「描いたり演奏したり」楽しむのが理想です。いろんな分野が混じってますが、ホームページの続きとして始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR